トランプ米大統領の税制改革案、支持獲得に苦しむだろう-チャノス氏

  • 政権が改革案で「何を達成しようとしているのか私には分からない」
  • 空売り投資家のチャノス氏はエンロン破綻を予測

へッジファンド運用会社キニコス・アソシエーツの創業者ジム・チャノス氏は28日、トランプ米大統領の税制改革案は雇用創出と成長促進の公約を満たしておらず、支持を得るのに苦しむとの見通しを示した。

  同氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、トランプ政権が税制改革案で「何を達成しようとしているのか私には分からない」と述べた。

チャノス氏が米税制改革案について語る

(出所:Bloomberg)

  政権は雇用創出を企業に促すと話しているが、その税制改革案は設備投資に関する支出の控除を強調しているとチャノス氏は指摘。「最近は極めて多くの資本設備が人々の労働に取って代わっている。政治的に売り込むには厳しい」と語った。

  また「フロリダのヘッジファンドマネジャーや富豪たちの子孫にとっては素晴らしい税制法案となるだろう。国民全てとっては、そうなるかどうかは分からない」とも述べた。空売りを手掛けるチャノス氏は2001年のエネルギー取引会社エンロン破綻を予測したことで知られる。

原題:Chanos Says Tax Plan Is Tough Sell, Only Benefits the Wealthy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE