米ロクが上場、初日は68%高-ストリーミング事業への期待で好発進

  • 今年上場のテクノロジー株の初日値上がり率でトップ
  • 映画やテレビ番組をストリーミングで見る動きが広がると有望視

ビデオストリーミング用機器・ソフト開発の米ロクが28日、ナスダック・グローバル・セレクト・マーケットに株式上場した。ストリーミング事業への期待感から急伸し、新規上場のテクノロジー株や通信株の初日としては今年最大の値上がりを演じた。

  終値は新規株式公開(IPO)価格の14ドルに比べ68%高の23.50ドルで、高値引け。IPO規模が5000万ドル(約56億円)超で米市場に今年上場したテクノロジー株の上場初日の値上がり率としては3月に上場したミュールソフトを抜いてロクがトップとなった。過去3年では5番目の好成績。

  ロクのIPOの規模は2億1900万ドル。公募・売り出し株数は1570万株で、IPO価格の仮条件は12-14ドルだった。

  投資家の間では、消費者がケーブルテレビの契約を解除し映画やテレビ番組をストリーミングで見る動きが広がるとの期待感からロク株への関心が強まっている。ロクはネットフリックスなどの動画をストリーミングで視聴するための機器やソフトを手掛ける。2016年の売上高は3億9860万ドルで、約4分の3は再生機器販売が占めた。16年通期の純損益は4280万ドルの赤字。

IPOについて話すロクのアンソニー・ウッド最高経営責任者(CEO)

(出所:Bloomberg)

原題:Roku IPO Is Year’s Best for Tech Stock Debut With 68% Jump (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE