コンテンツにスキップする

サウジアラビア、125億ドル調達へ-今年2回目のドル建て債発行で

サウジアラビアは今年2回目となるドル建て債の発行で125億ドル(約1兆4100億円)を調達する。経済改革を進める中、債券発行で財政を支える。

  事情に詳しい複数の関係者によれば、サウジ政府は5年債を30億ドル、10年債を50億ドル、30年債を45億ドル起債。同様の年限の米国債に対する上乗せ利回りは5年債が110ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)、10年債が145bp、30年債は180bp。関係者らは、情報が公になっていないとして匿名を条件に語った。投資家からの買い注文は約400億ドルに上ったという。

  サウジは4月に、財政赤字を穴埋めする一環として、5年物と10年物のイスラム債発行で90億ドルを調達。このほか、ここ3カ月に国内での債券発行で370億リヤル(約1400億円)を調達した。

原題:Saudi Arabia Set to Raise $12.5 Billion From Dollar Bond Sale(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE