ドイツのUBSオフィスを独当局が捜索、顧客の脱税疑惑調査に関連

ドイツの検察当局はUBSグループの顧客約2000人の脱税疑惑調査に関連し、同国内のUBSオフィスを捜索した。

  捜索は26日に開始され、約130人の捜査官が関与していると、ドイツの都市ボーフムの検察当局が電子メールで明らかにした。ドイツのUBSオフィス捜索については、同国経済誌ウィルトシャフツウォッヘが27日、先に報じていた。

  UBSの広報担当者は当局に協力していると述べ、それ以上のコメントは控えた。

原題:UBS Offices in Germany Searched Amid Client Tax Fraud Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE