英国、「離脱請求書」の支払い膨張も-EU職員の年金債務増大で

Protesters draped in European Union (EU) flags stand in front of Elizabeth Tower, commonly referred to as Big Ben, during a Unite for Europe march to protest Brexit in central London, U.K.

Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

英国に対する欧州連合(EU)の支払い請求額はさらに膨らみそうだ。EU職員の年金費用が増大したことを、27日明らかになったEUの予算データが示した。

  このデータによると、年金コストは5%余り増加。これに伴いEUの債務は4%近く拡大した。英国がEU離脱に当たり支払いを求められる、いわゆる離脱請求書の中で年金費用は既に争点となっているが、これが増えるとなれば、行き詰まっている交渉をいっそう難しくする恐れがある。

  移行期間中の司法管轄権の問題も浮上している。メイ英首相は先週、膠着(こうちゃく)状態の打開を目指し、一定の支払いに応じる意向を表明。移行期間についても、ある程度明確な提案を行った。

  ただ、英国とEUの最終的な合意に拒否権を持つ欧州議会は、移行期間中の英国にEU司法裁判所の管轄権を求めて来週決議案を採択する計画。ブルームバーグがこの草案要旨を確認した。英国のデービスEU離脱担当相は週末にEUの司法管轄は終わると述べたばかりで、両者の主張は真っ向から対立する。

原題:Brexit Bill Swells on Pensions as EU Parliament Draws Red Lines(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE