中国で「ワッツアップ」の利用制限-当局が締め付け強化

中国が米フェイスブックのメッセージアプリ「ワッツアップ」に対する締め付けを強めており、中国本土でのサービス利用が制限されている。当局は最新の監視・検閲テクノロジーを利用し、オンライン分野の規制強化を進めている。

  パリに本社を置くオンラインセキュリティー会社シンボリック・ソフトウエアの暗号技術専門家ナディム・コベイシ氏によれば、中国では7月ごろにサービス遮断が始まった。当局側はその後、検閲技術を洗練させたという。本土のワッツアップ利用者は先週から散発的にテキスト機能が止まることに気付き始めたとも述べた。

  フェイスブックとワッツアップに通常業務時間外にコメントを求めたが返答はない。中国サイバースペース監督当局が公表している2つのファクス番号に問い合わせたが、応答はなかった。

原題:China Disrupts WhatsApp Texts as Censor Tools Grow More Powerful(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE