米AIG:顧客資産が「数十億ドル」拡大-デジタル戦略が奏功

98年の歴史を持つ米保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)では、ロボアドバイザーなどのデジタル化推進が成果をもたらしている。

  生保・退職部門(顧客資産2440億ドル=約27兆4000億円)がプロセス簡素化のためデジタルプラットフォーム整備に支出した後、消費者の資金が流入していると、同部門の責任者、ケビン・ホーガン氏が明らかにした。

  ホーガン氏は先週のAIGニューヨーク本社でのインタビューで、教師や病院などの顧客向けのデジタルサービスを手掛けるVALIC部門に言及し、「その結果、資産が数十億ドル増加したと考えている」と指摘。VALIC部門は今年、記録的な数の投資プランを設定していると述べた。

  VALICの6月末時点の顧客資産は992億ドル余りと、昨年末の952億ドルから拡大した。

原題:AIG Assets Surge by ‘Billions of Dollars’ With Digital Push (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE