米大統領:北朝鮮に「破壊的」軍事力行使する用意-銀行制裁を追加

  • 望ましい選択肢ではないが実行すれば破壊的だとトランプ大統領
  • 米財務省は北朝鮮の8銀行と個人26人を制裁対象に追加

トランプ米大統領は26日、米国は北朝鮮に対して「破壊的」な軍事力を用いる用意があると述べる一方で、世界は結束して北朝鮮に核プログラムを断念させるよう取り組む必要があると訴えた。米国はこの日、北朝鮮の金融ネットワークに関連した銀行と個人を制裁対象に追加した。

  トランプ大統領はホワイトハウスでのスペインのラホイ首相との共同会見で、「われわれは第2の選択肢の準備を完全に整えた。これは望ましい選択肢ではないが、実行すれば破壊的だと言える」と発言。「北朝鮮については、これは軍事的選択肢と呼ばれる。そうせざるを得ないなら、実行するだろう」と述べた。

  トランプ大統領はさらに、北朝鮮の核兵器は「想像を絶するような人命の喪失をもたらすとして全世界」を脅かしており、「全ての国は北朝鮮の完全な非核化に向け、いま行動しなければならない」と語った。

  一方、北朝鮮と金融面での関係に新たに制限を加え、国連安保理の制裁決議を履行している中国をトランプ大統領は称賛。「北朝鮮との貿易を制限する中国の最近の行動をたたえたい。特に北朝鮮との全ての金融関係を断ったことは素晴らしい。習近平国家主席に感謝したい」と述べた。

  米財務省はこの日、北朝鮮を国際金融システムから締め出すため、制裁措置を強化。北朝鮮の銀行8行と、中国やロシア、リビア、アラブ首長国連邦で北朝鮮の銀行の代理役として金融取引に関わっている個人26人を制裁対象に追加指定した。

原題:Trump Warns U.S. Ready to Use ‘Devastating’ Force on North Korea(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE