コンテンツにスキップする

独シーメンスと仏アルストム、鉄道部門の統合で合意

更新日時
  • 統合で中国との競争に対抗することを目指す
  • フランスのマクロン政権は統合を支持している

ドイツのシーメンスとフランスのアルストムは26日、鉄道部門の統合で合意した。両社は鉄道部門で競合関係にあったが、中国との競争に対抗するため欧州地域で巨大企業を設立する。

  両社の発表資料によると、シーメンスが列車、輸送車両、信号装置の生産事業をアルストムに移管し、新会社の株式の50%を保有する。新会社の社名はシーメンス・アルストムとなり、引き続きパリ地域に本拠を置く。アルストムのアンリ・プパールラファルジュ最高経営責任者(CEO)が新会社のCEOに就任し、シーメンスが会長を指名する。

  フランスのマクロン政権は雇用について保証を得た後、今回の統合を支持した。

原題:Siemens to Merge Rail Operations With French Rival Alstom (1)(抜粋)

(2段落目以降に詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE