元NBA選手やコーチら複数を訴追、米大学バスケの贈賄・詐欺容疑で

学生スポーツ界のドル箱となっている全米大学体育協会(NCAA)のバスケットボールを舞台に、贈賄や詐欺などの犯罪が行われたとして、米連邦検察当局は26日、チームのコーチや監督、スポーツ衣料メーカー社員を刑事訴追したと発表した。

  検察当局によれば、選手を強豪校に誘導し、衣料メーカーや投資顧問と契約関係を結ばせるための贈賄などが行われていた疑い。訴追されたのはオクラホマ州立大学とアリゾナ大学、南カリフォルニア大学、サウスカロライナ大学などの現職および元コーチや監督のほか、投資顧問、アディダスなどスポーツ衣料メーカーの関係者など。中でも米プロバスケットボール協会(NBA)でかつて花形選手としてプレーし、現在オーバーン大学のアソシエートヘッドコーチを務めるチャック・パーソン氏は知名度が高い。

  マンハッタンの連邦検察当局によると、NCAAバスケットボールで不正に影響力を行使しようとする犯罪を巡る3年の捜査を経て、今回の訴追に至った。罪状には贈賄罪と共謀罪、詐欺罪が含まれる。

  アディダスの広報担当者、ローレン・ラムキン氏は書面で「当社は本日、連邦検察が当社従業員1人を逮捕したことを知った。状況の究明を進めている。不正行為があったとの認識はなく、理解を深めるため当局に全面協力している」とした。

原題:Ex-NBA Star Chuck Person Among Coaches Charged in Bribe Scam (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE