スプリングスティーンのチケットが1万ドル-うま過ぎる商売にご用心

  • 人気歌手やミュージカルのチケット、サイト上の取引で価格高騰
  • 洗練されているはずの投資家も被害者に-低金利環境も影響か

1506117247_GettyImages-671697948

米ロック歌手、ブルース・スプリングスティーンのブロードウェイ公演チケットが最高1万ドル(約112万円)で取引されている。本来は75ドルの安い席のチケットですら1400ドルだ。チケットが売り買いされる際に、いかに価格がつり上げられてしまうかがよく分かる。

  ウォール街が1枚かみたいと考えるのも無理はない。「スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ」にせよミュージカル「ハミルトン」にせよ、チケットは米短期証券並みに安全で流動性が高い上に利益率が著しく高い。しかも市場規模は推計で150億ドルと巨大だ。

ブルース・スプリングスティーン

フォトグラファー:Debra L Rothenberg / Getty Images

  ところがここに落とし穴がある。ポール・チューダー・ジョーンズ氏ら、著名投資家も引っかかったとされる。

  詐欺師たちは値段が高騰しそうなチケットがあるので投資しないかと持ちかける。標的となった投資家が金を渡すと、彼らは消えてしまう。

  最近の例は、ラジオのスポーツ番組ホストのクレイグ・カートン容疑者だ。同容疑者はアデルやバーブラ・ストライサンド、ジャスティン・ビーバーのチケットを巡る詐欺の容疑で今月逮捕された。 

「スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ」

フォトグラファー:Walter McBride / Getty Images

  引っかかったのはヘッジファンドのブリゲード・キャピタル・マネジメントで、同容疑者のチケット売買ビジネスに1000万ドルを貸し付けたという。職業柄、大量のチケットを安価に入手できるのだろうと考えたと、事情に詳しい関係者が述べた。しかし検察当局によれば、ブリゲードの資金はカートン容疑者のギャンブルでの借金を返すのに使われた。

  カートン容疑者は無罪を主張している。ブリゲードはコメントを控えた。

  洗練されているはずの投資家がセレブとのコネを信じ、高リターン期待で引っかかった例はこれが初めてではない。資産運用会社は低金利の下で有利な投資先を探しているだけに、ますます狙われやすい。

  売買サイトのチケットIQを創業したジェス・ローレンス氏は、「チケット仲介業者に投資しているヘッジファンドは恥じ入るべきだ。彼らがどうやってチケットを入手するのかが100%確実でない限り、投資すべきではない」と話している。

原題:Springsteen Tickets Hit $10,000, and Wall Street Gets Scalped(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE