ネスレ、2020年の利益率目標設定-アクティビストからの圧力に対応

  • 20年までに営業利益率17.5-18.5%に向上させる
  • アクティビスト投資家のダン・ローブ氏は18-20%を求めていた

世界最大の食品会社、スイスのネスレは2020年の利益率目標を設定した。アクティビスト(物言う)投資家からの圧力に対応した。

  26日の発表資料によると、同社は基調的トレーディング営業利益率を20年までに17.5-18.5%と、16年の16%から向上させる。

  物言う株主ダン・ローブ氏が率いるサード・ポイントはネスレ株約1%を保有し、20年までに営業利益率を18-20%とするよう圧力をかけていた。

原題:Nestle Sets Profitability Target Amid Pressure From Loeb (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE