調査会社IHSマークイットによると、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の最新機種「8」と「8プラス」は、より高価な部品を採用しているが、端末価格の引き上げで同社はなおかなりの利益を上げる見通し。

  IHSの分析によれば、4.7インチスクリーンと64ギガバイトのストレージを備えたベースモデルのアイフォーン8の材料費は247.51ドル(約2万7600円)。昨年発売した「7」の32ギガバイトのベースモデルは237.94ドルだった。

  しかし、8の価格は699ドルで、昨年モデルの32ギガバイト版は649ドルからだった。これは8の材料費が販売価格の約35%に相当し、昨年とほぼ同水準であることを意味する。これには製造やソフトウエア、研究開発などのコストは含まれない。

  IHSのアナリスト、ウェイン・ラム氏は「付加価値はメモリーやカメラ、プロセッサーに回った。それが製品全体の改良が実質的に確認できる部分であり、より高い値段を付けられる理由だ」と指摘した。

  8と8プラスで最も高価な部品はスクリーンとメカニカル・エンクロージャーで、いずれも7よりもアップグレードされた。最新機種の背面パネルはワイヤレス充電ができるガラス製だが、ブロードコム製の新しいコントローラーの搭載が必要。その部分でパワーマネジメント費が約2ドル増えるとIHSは分析した。

  両モデルの製造コストが従来機種より増えるのは、カメラ機能の改良やストレージ拡充、高性能チップの採用が理由。IHSによると、ストレージの基本容量の拡大で1台当たりのコストは6ドル増え、新しいプロセッサー「A11バイオニック」の採用で5ドル程度増加するという。

原題:IPhone 8 Build Costs Rise on Faster Chip, Cameras, IHS Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE