英消費者のデフォルト、銀行の予測を上回る可能性-イングランド銀

  • 一部の銀行、景気悪化局面で生じる損失を過小評価-FPC
  • 英中銀は銀行業界に合計100億ポンドの積み増し要求へ

イングランド銀行(英中央銀行)は消費者信用の急速な増加を指摘し、景気が悪化した場合に国内の銀行は想定以上に大きい損失を被る恐れがあると警告した。

  イングランド銀の金融行政委員会(FPC)は25日の発表文で、概して金融機関は消費者融資の動向について、「最近の良好な状況における業績に重点を置きすぎる」と指摘。「結果として、景気が悪化する局面で生じ得る損失を過小評価している」と論じた。

  イングランド銀が実施したストレステスト(健全性審査)によると、英経済がリセッション(景気後退)に陥るシナリオにおいて、消費者向け融資の貸倒損失は3年で300億ポンド(約4兆5400億円)に達する。ストレステストの完全な分析結果は11月28日に公表される。損失を確実に吸収できるよう、イングランド銀の一部門である健全性規制機構(PRA)が個別の銀行に対して資本要件を設定し、合計で100億ポンドの積み増しを求めることになるだろうとFPCは述べた。

原題:BOE Says Consumer Defaults Could Exceed Banks’ Estimates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE