ソニー:スイッチには対抗せず-携帯型ゲーム機の魅力は限定的 (訂正)

更新日時
  • スイッチはPSとは異なった手法や戦略-ハウスSIE社長
  • 携帯型ゲーム機、「大きなチャンスのある市場だとは見ていない」

Nintendo Switch

Photographer: Troy Harvey/Bloomberg

ソニーのゲーム事業子会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のアンドリュー・ハウス社長は先週のインタビューで、スマートフォンが普及している時代に携帯型ゲーム機の魅力は欧州など一部地域で限定的であることから、現時点で任天堂の新型ゲーム機「スイッチ」に対抗する機器を開発する計画はないことを明らかにした。

PSVita

Photographer: Krizstian Bocsi/Bloomberg

  スイッチは家庭の大画面テレビなどにつないで据え置き型ゲーム機として複数人で遊べるだけでなく、携帯型ゲーム機として屋外などに持ち出すことも可能。ハウス氏は「スイッチはハイブリッドデバイスでプレイステーション(PS)とは異なった手法や戦略」との認識を示した。

  ハウス氏は「現在はリビングルームで遊べるような製品に注力している」として、自社の携帯型ゲーム機「PSVita」の後継機投入時期などの詳細については言及を避けた。PSVitaは現在、日本・アジア地域以外では販売されておらず、携帯型ゲーム機については「大きなチャンスのある市場だとは見ていない」とした。

  ソニーや調査会社のVGチャートによると、2004年に発売した携帯型ゲーム機「PSP」は大ヒットしたのに対し、PSPの後継機と期待されたPSVitaは販売が伸び悩んだ。不調の背景にはスマホの台頭もあり、ソニーは昨年、スマホ向けにゲームアプリを提供する「フォワードワークス」を設立した。

  ソニーは映像や音楽配信事業も手がけており、PS経由で利用できるコンテンツはゲームにとどまらない。12年にソニーの社長に就任した平井一夫氏は、ソニー製品とネットワークをつなげることで「ユーザーに感動をもたらす」と常々強調しており、リビングルームを中心としたソニーの戦略はスイッチの「家の中でも外でも遊べる」という戦略とは対極的だ。

  だが、PSにゲームを提供する制作会社の思惑はソニーの思いと必ずしも一致しているわけではなく、ソニーからPSVitaの後継機発表が期待されていた。メーカーの多くは、幅広いユーザー層を獲得するため複数のゲーム機向けにゲームを開発する傾向があるためだ。

  コナミホールディングス傘下でゲーム事業を手がけるコナミデジタルエンタテインメント広報担当の車田貴之氏は「1人でも多くの方にわれわれが提供しているゲームを触っていただきたいと考えると、さまざまなデバイス向けに製品を提供していくのが一番いい」と話した。
  

プレステ4でゲームをする、東京ゲームショウの参加者。先週、千葉の幕張メッセで。

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  エース経済研究所の安田秀樹アナリストは、21日から24日まで幕張メッセで開催されていたゲーム見本市「東京ゲームショウ2017」では、独立系開発者が出展するインディーコーナーでは「スイッチの展示物などの露出が豊富でPS4より多いと感じるほどだった」と指摘。基本設計での差異が小さく、「プレステとスイッチの両方に発売するというタイトルは今後も増えるだろう」との考えを示した。さらに、これまで据え置き型ゲーム機のPS4とPSVita向けに発売されていたゲームが、今後はPS4とスイッチ向けに移行していく可能性もあると話した。

  ソニーの26日の株価終値は前日比2%安の4099円だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE