ウォルマート傘下のジェット、ホリデー商戦向け販促策打ち出す

秋は始まったばかりだが、ホリデー商戦は既に幕を開けている。

  米ウォルマート・ストアーズ傘下の電子商取引企業ジェット・ドット・コムは、9月18日から10月29日までに入った注文に5%のキャッシュバックを付与し、ホリデーシーズンの買い物に充てられるプランを提供。顧客は11月13日から同社サイトで使える「ジェットキャッシュ」最大50ドル(約5600円)を受け取れる。

  ジェットのライザ・ランズマン社長は電子メールで、「こうした取り組みでホリデー商戦期に向けて当社の得意客に一部現金を還元すると共に、新たな買い物客を呼び込む」と説明した。

  小売企業は今年のホリデーシーズンに買い物客の視線と財布をつかもうとしており、多くの同業他社がジェットの販売促進策に追随する公算が大きい。コンサルティング会社デロイトは先週、今年のホリデー商戦期の売上高が最大4.5%増加し1兆ドルを超えるとの見通しを示した。前年の伸びは3.6%だった。また、同期間のオンライン販売は20%程度増える可能性があるとデロイトは予想している。

原題:Wal-Mart’s Jet Launches First Salvo in War for Holiday Shoppers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE