米ITC:外国製の太陽光発電装置、米産業を損ねている-関税支持

米国際貿易委員会(ITC)は、安価な外国製太陽光発電パネルの流入が米同業メーカーへの打撃になっていると認定した。早ければ11月にも輸入関税や輸入割当を課す機会をトランプ大統領に与えた格好だ。これを受けて22日の米株式市場では、太陽光発電装置メーカーの株価が下落した。

  この認定により、現在290億ドル(約3兆2500億円)規模といわれる米太陽光発電業界は一変する可能性がある。電池やパネルの価格が高騰すれば、過去10年間で急成長した太陽光発電プロジェクトへの需要を圧迫する。ITCが判断を下す前の段階でさえ、関税導入なら輸入部品の値段が倍になることを見越して建設を中止し、資材をため込み始めた開発業者もいた。

  ジョージア州の企業サニバは、今年4月に破産法適用を申請して間もなく、外国製の太陽光電池およびパネルには輸入関税を課すべきだとITCに提訴していた。

  ITCは11月13日までに、輸入品流入問題への対応措置をトランプ大統領に勧告する予定。

原題:ITC Votes in Favor of Imposing Tariffs on U.S. Solar Imports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE