サンフランシスコ連銀総裁:FF金利2.5%、「ニューノーマル」に相当

米サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は、向こう2年ほどは「緩やかな利上げ」を見込んでいると述べた。

  総裁は22日にチューリヒで、「利上げのペースと輪郭は経済の進展具合に左右される」と記者団に説明。フェデラルファンド(FF)金利については、「私の見解では2.5%がニューノーマルといったところだ」と述べた。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)は今週の政策会合で、保有資産の縮小を10月に開始することを明らかにした。また年内あと1回、来年3回の利上げ予測を維持した。

  ウィリアムズ総裁は「向こう2年ほどかけて緩やかに金利を引き上げる必要があるとみているが、その期間に金利を大きく引き上げる必要があるということではない」とし、利上げペースは「経済の進展具合に左右される」と加えた。

原題:Fed’s Williams Says 2.5% Funds Rate Is About the ‘New Normal’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE