ドラギ総裁:地域的なバブルをつぶすために緩和縮小することはない

  • 金融政策ではなくマクロプルデンシャル措置であるべきだ
  • ドラギ総裁はESRBのフランクフルト会合で述べた

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は欧州システミックリスク理事会(ESRB)の会議での講演で、同中銀が地域的なバブルをつぶすために金融緩和を縮小することはないことを示した。

  ドラギ総裁は「金融とビジネスのサイクルが同期しなくなることはあり得る、つまりインフレが比較的弱い環境下でも金融の不均衡が拡大し得るということだ」と、自身が議長を務めるESRBのフランクフルト会合で述べた。

  「そのような環境では、金融政策は不均衡是正のために適切な道具ではない」とし、そうした手段は生産やインフレを望ましいレベルから乖離(かいり)させる恐れがあると指摘。通貨同盟内では金融政策が域内全域に影響するが不均衡は地域固有のものである場合もあると説明した。

  ECBは緩和縮小を準備しているが、特定の市場や国の過熱に対処する手段は金融政策ではなく、マクロプルデンシャル措置であるべきだとのECBの立場を総裁の発言は再確認した。

ドラギ総裁、ESRB議長として発言

(出所:Bloomberg)

原題:Draghi Says Monetary Policy Mustn’t Be Used to Pop Local Bubbles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE