香港、S&Pの最上級格付け失う-中国との強い結び付きが理由

S&Pグローバル・レーティングは22日、香港の長期発行体信用格付けを「AA+」とし、これまでの「AAA」から1段階引き下げた。同社が前日格下げした中国との強い結び付きを反映させ、中国の特別行政区(SAR)である香港も格下げした。

  S&Pは発表資料で、「中国のソブリン信用格付け引き下げに伴い、中国のレバレッジ解消がS&Pの現時点での予想より混乱を招くものであることが判明した場合、起こり得る香港SARへの波及リスクを反映させるため香港を格下げした」と説明した。

原題:S&P Strips Hong Kong of AAA Rating a Day After China Downgrade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE