中国クレジットの酒宴、終わらず-S&P格下げの影響限定的との見方

  • 中国企業によるドル建て債発行は今年、記録的な規模
  • ムーディーズが5月に格下げした後も利回りを求める買いは続いた
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

中国の格付けが引き下げられたが、現在の酒宴は終わらないだろう。投資家は中国企業の社債を引き続き受け入れる公算が大きい。

  S&Pグローバル・レーティングは21日、中国のソブリン格付けを1999年以来初めて引き下げたが、多くの運用担当者やアナリストがこうした見方を示している。その根拠となる前例もある。中国当局は国内金融システムでの過剰な借り入れを取り締まっているが、企業は低金利を生かして債務を膨らませている。

  5月にはムーディーズ・インベスターズ・サービスが中国を格下げした。しかし、より高い利回りを求める海外の運用担当者や中国本土の投資家が中国企業のドル建て社債を求める動きはその後も続いた。こうした買いを背景に、中国企業の今年のドル建て債発行は記録的規模になっている。

  DBSグループ・ホールディングスのシニアクレジットストラテジスト、ニール・ゴパラクリシュナン氏は「S&Pの格下げはどちらかというと遅れを取り戻すような動きだ」と指摘。「クレジット市場に大きな影響はないはずだ。『A+』の格付けは依然として堅調な投資適格級だ。S&Pの発表資料の中に市場がまだ認識していないような重要情報はなかった」と述べた。

原題:China Credit Party Rolls On as Downgrade Flags Hangover Risk (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE