コンテンツにスキップする

フェイスブック、ロシアが購入の選挙関連広告の詳細を議会に提出へ

1473134017_fb
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
1473134017_fb
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

フェイスブックは、2016年米大統領選挙を控えて意見対立を誘発させようとロシアが購入した政治広告に関する情報を議会に提出する方針を示すとともに、今後このマーケティングの詳細を公表することを約束した。

  フェイスブックは昨年の広告の内容をどの程度公表するかは議会が決めるべきだと説明。マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、誰が広告費を払っているか一般の人が分かるようフェイスブックでの政治広告の透明性を高めていく考えを示した。

  フェイスブックの法律顧問コリン・ストレッチ氏は「16年の選挙で何が起こったのか国民が十分な説明を受けるのは当然だ。当社が特定した広告について、ユーザー情報を保護する当社の義務に沿う形で共有することは有用と結論付けた」とブログへの投稿で説明した。
  
  政治関連のオンライン広告はテレビやラジオによる同様の広告に比べて開示ルールが少ないが、ロシアが昨年フェイスブックを利用して米国の政治的対立をあおろうとした疑惑が発覚して以来、改革を求める声が高まっている。

原題:Facebook to Give Details of Russian Election Ads to Congress (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE