NY外為:ドルほぼ変わらず-FOMC受けてポジション調整

更新日時
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

21日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数がほぼ変わらず。米連邦公開市場委員会(FOMC)が前日に年内の追加利上げ予想を維持したことを受けて、この日の市場ではポジション調整の動きが広がった。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は小幅な上げ下げを繰り返す展開。FOMCが20日、年内あと1回の利上げ予想をあらためて示した後、市場で織り込まれる12月までの利上げ確率は70%近くに達した。22日にはFOMC会合後で初めて金融当局者数人が講演する予定で、見通しについて詳しく語る可能性がある。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比ほぼ変わらず。ドルは対円では0.2%高の1ドル=112円48銭。対ユーロでは0.4%安の1ユーロ=1.1941ドル。

  FOMCは最近襲来したハリケーンの経済への影響は短期的なものにとどまるとの認識を示したが、この日発表された経済指標はこの見方を裏付ける内容だった。先週の週間新規失業保険申請件数は市場の予想外に減少。低下が予想されていたフィラデルフィア連銀製造業景況指数も上昇した。景気先行指標総合指数は市場予想を上回る伸びとなった。

  日本銀行の政策決定も材料視された。日銀は政策金利を含む金融政策の現状維持を決定した。

  ドルは午前中、米国債相場の上昇を手掛かりに対円で112円14銭に下げる場面があった。その後もドル・円相場は米国債の動きに敏感な状況が続いた。

欧州時間の取引

  ユーロは欧州時間に上昇。20日にはFOMCが年内あと1回の利上げ予想を維持し、バランスシートの縮小を10月から開始する方針を示したことを受けてドルが大きく上昇したが、21日のドルはこの上昇を維持できなかった。欧州時間は、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の講演を控える中での取引となった。ただこの日の講演からは、市場は新たな手掛かりは得なかったようだ。総裁は22日にも講演を予定している。  

  サンタンデール銀行の主要10通貨(G10)責任者スチュアート・ベネット氏は「ユーロにはモメンタムがある」と述べた。その上で、ユーロは対ドルで「やや買われ過ぎの状態だ。1.15ドル付近が妥当な水準だろう。今後の焦点は、米当局がECBよりも多く、かつ早い利上げを検討していることだ」と述べた。

原題:Dollar Fluctuates as Investors Recalibrate Positions After Fed(抜粋)
原題:USD/JPY Slides to Low as USTs Rally; BOJ Steady With Dovish Tilt(抜粋)
原題:Euro Ignores Fed Hike Talk to Climb Ahead of ECB Draghi’s Speech(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE