シーメンス、ボンバルディアと並行しアルストムとも協議-関係者

ドイツのシーメンスが鉄道部門の統合などで、カナダのボンバルディアだけでなくフランスのアルストムとも協議していると事情を知る複数の関係者が明らかにした。

  協議が非公開だとして匿名を条件に話した関係者によると、シーメンスは数カ月前から鉄道事業の合弁会社2社を設立することでボンバルディアと交渉を進めているが、最近ではアルストムとも幾つかの提携方法を話し合っている。

  関係者2人によると、検討段階にある選択肢の一つは、シーメンスが鉄道部門をアルストムに統合させる代わりにアルストム株を追加取得するというもの。合弁会社の設立を検討する可能性を指摘する別の関係者もいる。

  いずれにせよ事業統合は複雑で、競争法が障壁になる可能性もあるため、シーメンスがどちらの企業を選ぶか、またこれらの協議が何らかの合意につながるかは不透明なままだと、関係者らは指摘した。シーメンスの担当者はコメントを控えた。アルストムの担当者とは連絡が取れていない。

原題:Siemens Is Said in Talks With Alstom and Bombardier on Rail (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE