KBホーム:CEOの賞与25%削減-口汚いののしりの音声公開される

米住宅建設大手KBホームの取締役会は、ジェフリー・メッツガー最高経営責任者(CEO)の年間賞与を25%削減する。同CEOがコメディアンのキャシー・グリフィン氏を口汚い言葉でののしったことに対する措置。今後同様の行動を取った場合は解任するとも警告した。

ジェフリー・メッツガーCEO

Bloomberg

  取締役会による21日の規制当局への届け出によれば、今年度(2016年10月-17年11月)のメッツガーCEOの賞与は、パフォーマンスの目標に基づき37万5000ドル(約4200万円)減額される。取締役会は「隣人との個人的なやり取りにおける最近の振る舞い」が理由だと説明し、同CEOの言動は「容認できない」と断じた。

  ニュースサイトのハフィントンポストは19日、グリフィン氏と彼女のボーイフレンドに対するメッツガー氏の発言の音声を掲載。グリフィン氏らは、メッツガー氏宅から聞こえる騒音についてロサンゼルス警察に苦情の電話を入れていた。掲載された音声では、メッツガー氏はグリフィン氏を口汚い言葉でののしったり、同氏に対し同性愛者を中傷する言葉を浴びせていた。

原題:KB Home Cuts CEO’s Bonus 25% for Profane Tirade Caught on Tape(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE