米アップル株下落、「iPhone8」の需要弱いとアナリストが指摘

The new iPhone 8 (L) and iPhone iPhone 8S

Photographer: Justin Sullivan/Getty Images

20日の米株式市場で米アップル株が一時、この1カ月余りで最大の下げとなった。「iPhone(アイフォーン)8」の需要について、従来モデルより「著しく低い」とアナリストが指摘した。

  ローゼンブラット・セキュリティーズのアナリスト、ジュン・チャン氏は顧客向けリポートで、米国でのアイフォーン8の事前予約がアイフォーン6、アイフォーン7に届かず、中国の需要は一段と弱いと述べた。同氏はアップルの投資判断を「ニュートラル」としている。

  同株は一時3.1%安と、8月10日以来の大幅下落となった。終値は1.7%安の156.07ドル。

原題:Apple Falls as Analyst Report Indicates Weak IPhone 8 Demand (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE