ハリケーン「マリア」、プエルトリコ上陸-「カテゴリー4」の勢力で

ハリケーン「マリア」は5段階で2番目に強い「カテゴリー4」の勢力で米自治領プエルトリコの南東部に上陸した。300億ドル(約3兆3400億円)相当の被害が生じる恐れがある。財政難に苦しむプエルトリコには2週間前にハリケーン「イルマ」が襲来したばかりだ。

  米国立ハリケーン・センター(NHC)の発表によると、マリアは米東部時間20日の午前6時15分ごろにプエルトリコのヤブコア付近に上陸し、最大風速は時速249キロメートル(秒速約69メートル)に達した。暴風域はハリケーンの中心から最大60マイル(約97キロ)に及ぶ。降雨量は一部地域で最大25インチ(約64センチ)になる恐れがあるという。

9月19日、サンフアン市内

写真家:Alex Wroblewski /ゲッティイメージズ

  エンキ・リサーチで被害分析を手掛けるチャック・ワトソン氏によれば、マリアはプエルトリコと米領バージン諸島に300億ドル相当の被害をもたらす可能性がある。

  ウェザー・アンダーグラウンドの共同創業者、ジェフ・マスターズ氏は、「被害の主な要因になるのは暴風だ」と指摘。「このハリケーンによる何十億ドルもの被害額のうち、約半分は暴風によってもたらされる」と述べた。

原題:Maria Slams Ashore in Puerto Rico as a Category 4 Hurricane (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE