スペイン警察、カタルーニャ州機関を捜索-「違法」な住民投票控え

スペイン治安警察は、経済・国際局本部を含むカタルーニャ自治州政府機関を家宅捜索した。10月1日に予定されている独立の是非を問う住民投票を違法だとし、中央政府は取り締まりを強化している。

  カタルーニャ州政府の報道官はテキストメッセージで、州政府のデータセンターも捜索を受けたと明らかにした。スペインのニュースサイト、コンフィデンシアルは、経済局幹部のジョゼップ・マリア・ホーベ・リャド氏が身柄を拘束されたと報じた。同国公共テレビ局TVEによれば、国内選挙の多くに投票集計機器を提供しているITサービス企業、インドラの複数オフィスも捜索されたが、同社広報はその事実はないと否定した。

  カタルーニャ州経済局の報道官は逮捕の事実を確認できていない。治安警察の報道官はブルームバーグに対し、現時点でコメントできないとした。

原題:Spanish Police Search Catalan Offices Before Illegal Referendum,Indra Says Its Offices Have Not Been Searched in Catalonia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE