ビットコインは11月に再分裂か、取引拡大に対応する方法で議論

更新日時

仮想通貨ビットコインが11月に再び分裂する可能性が高まっている。取引拡大に対応するために「採掘者(マイナー)」と開発者がそれぞれ新たなバージョンに取り組んでいるためだ。

  仮想通貨の普及に貢献し「ビットコイン・ジーザス(教祖)」として知られるロジャー・バー氏ら業界の大物は、両陣営が合意する可能性は小さくなっているように見えると述べている。

ロジャー・バー氏

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  ビットコイン取引の承認作業をする採掘者と、元々のビットコインネットワークのインフラ構築に携わった「コア」と呼ばれる開発者の双方からもそうした声が聞かれる。

  最近の分裂で「ビットコインキャッシュ」という新バージョンが誕生。バー氏は2回目の分裂を予想し、資金の一部をビットコインキャッシュに移しているという。分裂によってさらにビットコインが生み出されるので、自身の利益につながるとも語った。

  バー氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、ビットコインが「恐らくビットコインレガシーと『セグウィット2X』バージョンとに分裂するだろう」と語った。

  ビットコインの人気が高まり取引が増えたことで混雑が発生し、取引にかかる時間や処理手数料が一時、記録的水準に達した。これへの対処方法として、デジタル台帳であるブロックチェーン上の情報量の上限引き上げを唱えるグループと一部データをメーンネットワークの外部で管理すべきだと主張するグループが対立。

  業界の一角は11月にネットワークをアップグレードすることを提唱しており、合意ができなければ再分裂につながる。

原題:Bitcoin’s Likely to Split Again in November as Debate Rages On(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE