豪中銀:世界の景気拡大は一時的ではない-エリス総裁補佐

  • 「世界経済は1年前より良好に見える」-シドニーで講演
  • 国内の住宅債務が状況を悪化させる可能性にも言及

世界的な経済成長が続く公算が大きいとオーストラリア準備銀行(中央銀行)はみている。エリス中銀総裁補佐(経済担当)が20日、シドニーの講演で語った。地政学的および国内のリスクが景気の勢いを妨げる可能性は引き続きあるとの認識も示した。

  講演テキストによれば、同総裁補佐は「世界経済が1年前より良好に見える」と言明。「最近は一段の持ち直しはしていないようだが、この景気拡大は一時的なものでもない」と述べた。

  アジアなどでの政治的緊張の高まりや国内住宅債務の記録的水準は豪中銀見通しに対するリスクで、豪中銀はこれまでも過剰な債務を抱える住宅保有者が多過ぎると警告してきた。エリス総裁補佐は「債務が状況を悪化させる」可能性にも言及した。

  同総裁補佐は妥当な成長にもかかわらず物価圧力が引き続き抑制されていれば、政策当局は課題に直面することになると指摘。「そうしたシナリオの下では、レバレッジと金融リスクがさらに積み上がるのを回避しながら、政策が適度に拡大的であり続ける必要がある」と語った。世界的な金融危機前ほど、現在のサイクルでレバレッジは高まっていないようだとの分析も示した。

原題:RBA’s Ellis Says Global Economic Expansion No ’Flash in the Pan’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE