賃貸生活の通勤時間平均40.5分、都心回帰か過去3年で最短

更新日時

Morning commuters make their way to work in the central business district of Tokyo, Japan.

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)で賃貸住宅に住む人たちの間で通勤時間が短縮傾向になっている。2016年度に賃貸住宅を契約した人の平均通勤時間は40.5分で過去3年間で最短だった。リクルート住まいカンパニーの調査で分かった。

  通勤時間が「30分以下」の比率も14年度の24.8%から16年度は29.5%に上昇。世帯別の平均通勤時間はファミリーは45.2分、ひとり暮らしは37.6分だった。同社広報担当の篠宮麻美氏は、今回の調査から「賃貸住宅の契約者の間で都心回帰が起きている」と述べた。

  不動産データ会社の東京カンテイによると、東京都内の分譲マンション賃料は弱含み傾向にある。賃料(1平方メートル当たり)は16年8月は3223円だったが、同年12月は3198円、17年8月は3131円となっている。

  富士通総研主席研究員の米山秀隆氏は、通勤時間短縮の背景について「賃貸住宅は相続税対策などの影響による供給過剰で賃料が上げにくくなっている」とし、「同じ家賃でも立地が良い場所に住めるようになっている」と述べた。一方、分譲マンションは高くなり過ぎているため、「しばらく賃貸で住み続けようと考えている人もいるだろう」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE