ドイツ銀は「修復不可能」も、トレーディング不振で-オートノマス

  • ドイツ銀は技術投資不足でJPモルガンなどに「明らかに出遅れ」
  • ドイツ銀のリーダーシップを投資家が疑問視するのは「不可避」

ドイツ銀行

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

ドイツ銀行はかつて強力だった債券トレーディング事業で「奇跡的な」ブームが起きない限り、「修復不可能」かもしれないとオートノマス・リサーチが分析した。

  オートノマスの共同創業者スチュアート・グレアム氏は18日付リポートで、ドイツ銀の利益の約4分の1を生み出す債券・為替部門は「低調」で、もはや収益のけん引役として頼りにできないと指摘。さらに、不祥事を受けて顧客の間で評判に傷が付いた上、技術投資が10年以上にわたり不十分だったため、JPモルガン・チェースのようなライバル金融機関に「明らかに出遅れ」ている点も問題だと説明した。

  グレアム氏は「銀行の勝ち組を決める前提である信頼(もしくはブランド)と財務力、技術、人材を考えると、ドイツ銀の状態は極めて悪いように見える」と述べ、「こうした状況では、同行に正しいリーダーシップがあるのか一部投資家が疑問視し始めるのは不可避だ」と論じた。

  ドイツ紙ハンデルスブラットは今月、ジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)が適任でないと考える匿名の投資家の話を伝えていた。ドイツ銀の株価はクライアンCEOが就任した2015年7月以降、45.5%下落している。2年連続で通期赤字決算となり、合計82億ユーロ(約1兆1000億円)の損失を計上した。

原題:Deutsche Bank ‘Beyond Repair’ as Trading Drops, Autonomous Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE