コンテンツにスキップする

米上院予算委、大幅減税案の策定で委員2人が暫定同意-コーカー議員

米上院予算委員会の共和党メンバー、ボブ・コーカー議員は19日、同氏ともう一人の同委共和党メンバーが大幅減税の余地を認める予算案を策定することに暫定的に同意したと明らかにした。ただコーカー議員は具体的な減税幅については明らかにしなかった。

  コーカー議員とパット・トゥーミー議員はこれまで、財政赤字の拡大につながる予算を認めない立場を示していた。しかしコーカー議員によれば、両議員はこの日、今後の方向性でマコネル上院院内総務と一致した。この合意内容は19日午後、さらに多くの議員らに伝えられる見込み。

原題:Senators Reach Tentative Budget Deal on Taxes, Corker Says (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE