メキシコでM7.2地震、死者248人以上-首都で建物が多数倒壊

更新日時

People remove debris of a collapsed building in Mexico City on Sept. 19.

Photographer: Ronaldo Schemidt/AFP via Getty Images

メキシコの首都メキシコ市から100キロ余り離れた内陸部で19日、マグニチュード(M)7.2の地震が発生、建物が多数倒壊し、多数の死者が出た。メキシコ内務省のルイス・フェリペ・プエンテ氏はツイッターで、少なくとも248人が死亡したと明らかにした。

メキシコ市で倒壊したビルのがれきを取り除く市民ら(19日)

写真家:Alejandro Cegarra / Bloomberg

  プエンテ氏によれば、死者数はモレロス州72人、メキシコ市117人、プエブラ州43人。地震発生後、付近の空港が一時閉鎖されたほか、地下鉄は運行を中止し、メキシコ証券取引所も取引を停止した。同証取は20日には通常通り業務を再開する予定。

  19日は5000人が死亡した1985年の大地震からちょうど32年目に当たり、地震発生の数時間前には毎年恒例の避難訓練が行われていた。

  メキシコのペニャニエト大統領はテレビサとのインタビューで、メキシコ市内で少なくともビル27棟が倒壊したと語った。

  国営公益事業の責任者によると、地震後に380万戸が停電となった。

メキシコ市のコンデサ近くに避難している住民

写真家:Alejandro Cegarra / Bloomberg

  米地質調査所の地球物理学者、ジュリー・ダットン氏によれば、震源地はプエブラ州で、メキシコ市から南東約115キロの地点。今月7日にもチアパス州でM8.2の地震が発生していた。今回の発生地点は7日の地震よりはるかに首都に近かった。

原題:Scores Die as Mexico Rocked by Month’s Second Major Quake (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE