ハリケーン「マリア」、最強「カテゴリー5」に-カリブ海諸島に迫る

大西洋上で発生したハリケーン「マリア」は「カテゴリー5」と5段階で最も強い勢力に発達し、「ハービー」「イルマ」と似たルートをたどっており、まだイルマの被害から立ち直っていないカリブ海諸島を直撃しそうだ。これらの島々にとっては2週間で3度目のハリケーン襲来となる。

  米国立ハリケーンセンター(NHC)はニューヨーク時間18日午後8時(日本時間19日午前9時)現在の予報で、最大風速時速160マイル(約257キロメートル)のマリアは現在、マルティニクの40マイル北の海上にあり、ドミニカとグアドループに迫っている。一方、より北を進むハリケーン「ホセ」は米北東部の沿岸をかすめる可能性がある。

原題:Maria Heads for Battered Caribbean, Threatens Puerto Rico (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE