トランプ米大統領:北朝鮮「ロケットマン」が破滅を招く-国連で演説

更新日時

トランプ米大統領は19日、初めて国連総会で一般討論演説を行った。一握りの「ならず者国家」と対決する必要があると各国首脳に訴えた上で、北朝鮮を名指しし、核開発プログラムをめぐる対立が戦争にエスカレートした場合、同国は壊滅されることになると言明した。

  トランプ氏は北朝鮮を「邪悪な国家」だと表現、「このような犯罪者集団が核兵器とミサイルで武装することが理にかなう国など地球上にない」と述べた。

国連総会で演説するトランプ米大統領(9月19日、ニューヨーク)

Bloomberg

  さらに、北朝鮮の兵器プログラムに関する対立が戦争に発展した場合、「北朝鮮を完全に壊滅させる以外に選択肢はなくなる」と言明した。

  また金正恩朝鮮労働党委員長に言及し、「ロケットマンが遂行しようとしている任務は自身と体制を死に追いやることだ」と述べた。

  トランプ氏はこのほか、シリアとイラン、ベネズエラの政府を非難。これら3カ国は全て、「主権」国家連合と対決しなければならないとも指摘。国連を通じて対立が解決されることを願うとし、「それが国連の存在意義だ」と加えた。ただその上で、国連の「官僚主義とプロセス」に対する批判も展開した。

原題:Trump Warns North Korea’s ‘Rocket Man’ Invites Country’s Demise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE