米GE、電力網でのAI活用に取り組む-約22.3兆円節減可能と予想

米ゼネラル・エレクトリック(GE)は電力網に人工知能(AI)を活用する方法に取り組んでいる。この技術は効率を改善することで世界で2000億ドル(約22兆3000億円)節減できると予想されている。

  GEのエネルギー接続事業のデジタル最高責任者であるスティーブン・マーティン氏は、ロンドンのブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス・サミットでのインタビューで「機械学習の面にも注力している」と述べた。

  この技術は、バッテリーなど蓄電装置と消費地の電力の流れをリアルタイムで最適化する。これにより電力網の効率が大幅に向上し、消費者のコストは低減すると期待されている。GEは現在、同技術に関して幾つかの特許を申請している。

原題:GE Working on Robot That It Says Can Save $200 Billion of Power(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE