仮想通貨ビットコインは先週末に安値を付けた後に急反発し、価格上昇を止めるのは難しいことが示された。

  ビットコインは18日、15日に付けた安値から20%余り急伸し、4000ドルを突破。中国当局の規制がビットコインの成長を阻害するとの懸念が後退した。今月1日に過去最高値の4921ドルを付けた後、15日には2975ドルまで下げた。

  非営利の仮想通貨研究所、米コイン・センターのピーター・バン・バルケンバーグ研究ディレクターは、「ビットコイン取引禁止の効果はかなり疑わしい」と指摘。「中国のような強い権限を持つ政府が主な取引を禁止する必要性を感じたとしたら、それはこの技術が有効であり、想定通り機能していることを示唆する。従って、これは強気要因だ。ビットコインが規制に打ち勝てば、政府の管理から独立していることのさらなる証明であり、かなり劇的だ」と説明した。

  中国は今月、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)を違法としたほか、ビットコインを含む仮想通貨の国内取引所での取引を禁止する計画。

世界有数のビットコイン採掘場の内部を見る-内モンゴルの片田舎

原題:Bitcoin Roars Back From Chinese-Regulation Spurred Swoon (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE