コンテンツにスキップする

マケイン議員が態度保留、オバマケア撤廃へ共和党が土壇場の取り組み

  • 共和党は今月末がオバマケア撤廃の期限になるとみている
  • 共和党のオバマケア撤廃法案は通過に必要な50票にまだ届いていない

米共和党が医療保険制度改革法(オバマケア)撤廃に向けぎりぎりの取り組みを進める中、採決結果を左右する可能性のあるジョン・マケイン上院議員はまだ態度を保留している。共和党指導部は今月末がオバマケア撤廃の最終期限になるとみている。

  マケイン議員は18日、記者団に対し、「私はまだ同法案を支持していない」と発言。より綿密な立法プロセスを望んでいると語った。

  上院共和党のビル・カシディ議員(ルイジアナ州)とリンゼー・グラム議員(サウスカロライナ州)が提出した法案はオバマケアを廃止し、代わりに各州に補助金を提供するというもの。州が医療保障の内容を決定することになる。多くの共和党議員は支持する意向だ。

  議会予算局(CBO)は18日、同法案の部分的評価を来週初めに公表することを明らかにした。ただ財政などへの影響の見通しを示せるのは少なくとも数週間先になるとしており、以前のオバマケア廃止法案に反対した一部共和党議員の説得は難しくなる可能性がある。

  共和党保守派ではランド・ポール上院議員はこの日、オバマケアの内容があまりに多く残っているとして反対する立場を示した。

  一方、民主党は同法案には重大なリスクがあると警告。シューマー上院院内総務は同日、記者団に、「この法案は前回の法案よりも悪い。メディケイド(低所得者向け医療保険制度)を大きく変え、既往歴を対象外とする。非常に好ましくない」と指摘した。

  上院共和党が50票とペンス副大統領による決定票によってオバマケア法案を通過させられるルールは、今月末に失効する。上院議席数は共和が52、民主が48。グラム議員はいま採決するとしたら最大48票を獲得できると述べており、まだ支持を控えているのはマコネル院内総務の法案に反対したスーザン・コリンズ、リサ・マカウスキ、マケインの3議員など。

原題:McCain Holds Out as GOP Wages Last-Gasp Push to Repeal Obamacare(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE