クレディ・アグリコルもリサーチ代金値下げ、年270万円-他行に追随

フランスの銀行、クレジット・アグリコルも、来年の欧州新規則導入に伴い有料になるリサーチの代金を引き下げた。域内の他の銀行に追随した。

  同行はリサーチと会議のほか、アナリストとの接触をまとめて年2万ユーロ(約270万円)を提示している。同行ウェブサイトに掲載された18日付の価格文書で分かった。アナリストへのアクセスを重視する場合は料金が高くなる。マクロ経済とクレジット、新興市場、外為、金利を含むパッケージで基本とプレミアムの料金格差は設けないことにした。

  6月の文書によると、当初は最も高額なパッケージをクレジットリサーチのみで年間12万ユーロに設定していた。今回の文書では「2万ユーロが下限」としている。

原題:Credit Agricole to Slash Cost of MiFID Research to $24,000 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE