ロンドン住宅価格、2010年代で最大の下落-高級地区が大幅値下がり

Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

英国の9月の住宅売却希望価格は前年同月比で1.1%上昇と5年余りで最小の伸びにとどまった。首都ロンドンが3.2%下落し、2010年代に入って最も大きく値下がりした。英住宅不動産ウェブサイト、ライトムーブが18日データを公表した。

  全英での値上がりは8月の3.1%から減速した。ロンドンでは高級地区の値下がり幅が大きく、ケンジントン・アンド・チェルシーは10%余り、ハマースミス・アンド・フラムは8%下落した。

原題:London Slumps as U.K. Sellers Raise Home Prices Least Since 2012(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE