バリー買収に中国の福建七匹狼などが名乗り、伊藤忠も関心 (訂正)

訂正済み

高級皮革製品メーカー、スイスのバリー・インターナショナルの買収に中国のアパレルメーカーである福建七匹狼実業や複合企業の復星国際などが名乗りを上げていることが、事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。買収額は6億ユーロ(約800億円)となる可能性がある。

  情報が非公開であることを理由に同関係者が匿名で語ったところによると、伊藤忠商事もバリーに関心を示している。

  資産家のライマン一族が保有する投資会社JABホールディングは4月、食品・飲料事業に集中するためバリーへの投資を見直していると説明していた。JABの担当者はコメントを控えた。復星国際と伊藤忠の広報担当者は15日、現時点でコメントできないと回答した。福建七匹狼にも電話と電子メールで取材を試みているが、応答はない。

原題:China’s Septwolves, Fosun Are Said to Bid for Bally (Correct)(抜粋)

(5段落目の復星国際と伊藤忠の反応を訂正します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE