コンテンツにスキップする

ビットコインブームを世界の中銀は無視できず-BIS報告

A Bitcoin is held for an arranged photograph in Danbury, U.K., on Thursday, Dec. 10, 2015.

A Bitcoin is held for an arranged photograph in Danbury, U.K., on Thursday, Dec. 10, 2015.

Photographer: Chris Ratcliffe
A Bitcoin is held for an arranged photograph in Danbury, U.K., on Thursday, Dec. 10, 2015.
Photographer: Chris Ratcliffe

仮想通貨の拡大は金融システムの安定を脅かす恐れがあり、世界の中央銀行はこれを座視したり無視することはできないと、国際決済銀行(BIS)が指摘した。

  BISは四半期報告で、中銀は自ら仮想通貨を発行するかどうか、その場合どのような属性を持たせるべきかを判断しなければならないだろうとし、現金の使用が減少しているスウェーデンのような国では特に急務だと指摘した。

  プライバシーの問題および決済システムの効率向上ばかりでなく、経済、金融、金融政策面での影響を考慮する必要があると論じた。

  決済手段や投資先としてビットコインなど仮想通貨の人気が高まる中で、中銀も仮想通貨とその基盤であるブロックチェーン技術に注目している。

  中銀にとっての一つの選択肢としてBISは、誰もが利用できるが中銀しか発行できず、現金や準備資産に交換可能な通貨という考えを挙げている。同時に、銀行取り付けのリスクが高まる恐れや商業銀行が預金不足に見舞われる可能性を指摘。プライバシーの問題を解決する必要性にも言及した。

世界有数のビットコイン採掘場の内部を見る-内モンゴルの片田舎

原題:World’s Central Banks Can’t Ignore the Bitcoin Boom, BIS Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE