北朝鮮:核プログラム完了に向けた決意表明-最新のミサイル発射受け

  • 「米国の敵対的な態度を静めさせる」のが試射の狙いと説明
  • 「米国との実質的な力の均衡」の達成目指す-朝鮮中央通信

This undated photo released by North Korea's official Korean Central News Agency (KCNA) on December 11, 2016 shows North Korean leader Kim Jong-Un (C) during a combat drill of the service personnel of the special operation battalion of the Korean People's Army Unit 525. / AFP / KCNA VIA KNS / KNS / South Korea OUT / REPUBLIC OF KOREA OUT ---EDITORS NOTE--- RESTRICTED TO EDITORIAL USE - MANDATORY CREDIT 'AFP PHOTO/KCNA VIA KNS' - NO MARKETING NO ADVERTISING CAMPAIGNS - DISTRIBUTED AS A SERVICE TO CLIENTS THIS PICTURE WAS MADE AVAILABLE BY A THIRD PARTY. AFP CAN NOT INDEPENDENTLY VERIFY THE AUTHENTICITY, LOCATION, DATE AND CONTENT OF THIS IMAGE. THIS PHOTO IS DISTRIBUTED EXACTLY AS RECEIVED BY AFP. / (Photo credit should read KNS/AFP/Getty Images)

Photographer: KNS/AFP/Getty Images

北朝鮮は16日、核開発プログラムを完了させる方針を表明した。国連安全保障理事会の制裁強化に直面した北朝鮮は15日、日本の上空を通過させる2発目の中距離弾道ミサイル(IRBM)発射を行った。

  16日の朝鮮中央通信(KCNA)によれば、金正恩朝鮮労働党委員長は国連安保理で採択された一連の制裁にもかかわらず、核開発プログラムはほぼ完了していると主張。米国との「実質的な力の均衡」を達成して、北朝鮮に対する軍事行動を阻止するのが自分の最終目標だと論じた。KCNAは、金委員長が「火星12号」の今回の発射を自ら指揮したとも報じた。

  KCNAは声明でミサイル試射について、「米国の敵対的な態度を静めさせる」とともに「実際の戦争の行動手順を確認する」のが狙いだと説明した。

原題:North Korea Vows to Complete Nuke Program After Latest Missile(抜粋)

金正恩は「核を操る狂人」か「抜け目のない独裁者」か-人物像を探る
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE