NY外為(15日):ドル続落、弱い米指標発表後の下げは一部埋める

更新日時

15日のニューヨーク外国為替市場ではドルが続落。弱い米経済指標を受けて朝方に下げたが、市場の関心が来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)に移るのに伴い、下げの半分以上を埋めた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%低下。週間では0.6%上昇した。ポンドはドルに対し続伸し、1.5%高の1ポンド=1.3594ドル。ドルは対円では0.5%上げて1ドル=110円83銭。ユーロはドルに対し0.2%高の1ユーロ=1.1945ドル。

  朝方には8月の米小売売上高と鉱工業生産指数が市場の予想を下回ったことを受け、ドルが一段安になっていた。小売売上高は前月比で0.2%減(市場予想は0.1%増)、鉱工業生産指数は同0.9%低下(市場予想0.1%上昇)となった。

  ドルが幅広く守勢に立たされる中、欧州中央銀行(ECB)のラウテンシュレーガー理事が来年初めの債券購入縮小について、今こそ決断を下すべきだとの見解を示したことが、ユーロを間接的に支えた。ユーロは8月の米小売売上高の発表後に、対ドルで日中高値をつけた。

  主要10通貨のパフォーマンスでは、利上げ期待を高める英金融当局者の発言を受け、ポンドが前日に続き最も好調だった。

  円はこの日、同10通貨のうち最低のパフォーマンスとなった。円は北朝鮮のミサイル発射直後にいったんは上昇したが、ドルへの押し目買いがすぐに入ったと、アジア在勤のトレーダーらは指摘。クロス取引(特にポンド・クロス)需要もドルを対円で支えた。今週はリスク選好の戻りを背景に、円は対ポンドで6%近く下げ、対ドルでも3%安となった。

欧州時間の取引

  ポンドはドルに対して一時1ポンド=1.3616ドルと、欧州連合(EU)離脱を決めた国民投票以降の高値を付けた。イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会(MPC)の中で比較的ハト派と見なされていたブリハ委員は、ロンドンでの講演で「経済指標の動きは中銀が利上げをしなければならない瞬間に近づいていることをますます強く示唆するようになっている」と述べた。

  市場は11月に金利が引き上げられる確率を75%弱として織り込み、2018年2月の25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 利上げ確率を100%として織り込んだ。ナットウエスト・マーケッツのエコノミスト、ロス・ウォーカー氏は、英中銀が「一度引き金を引けば、ほぼ間違いなくもう一度動くだろう」と述べた。

原題:Dollar Pares Drop, Heads for Biggest Weekly Gain Since February(抜粋)
Pound Surges to Post-Brexit High as BOE’s Vlieghe Turns Hawkish(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE