米財務長官が釈明:スタッフが新婚旅行での政府機使用を要請

Stephen Mnuchin and Louise Linton.

Photographer: Saul Loeb - Pool/Getty Images

ムニューシン米財務長官は14日、先月の欧州への新婚旅行で政府専用機の使用を求めたとされる問題で釈明した。同長官は自分のスタッフが「純粋」に国家安全保障上の理由から政府専用機を使用する可能性を探ったが、旅行中に通信手段を確保できる方法が見つかったため、この要請を撤回したと述べた。

  この問題が13日に報じられると、ムニューシン長官は批判の集中砲火を浴びた。同長官は8月21日にも夫人を伴って、税問題の講演などのため政府専用機でケンタッキー州を訪れ、財務省の監察官の調査を受けている。同調査はその後、ムニューシン長官による政府機の使用・要請の全てに及んでいる。

  同長官は14日、ワシントンでのイベントで、政府機使用を求めたのは自分のスタッフだったと言明。「事実とかなり異なる形で報じられたと思う。私の個人的旅行に政府資金が使われたことは一度もない。通信と情報の確保に向け私が恒常的にアクセスできるようにしたいとスタッフは考え、われわれが検討した案の一つだったので、スタッフはこれを要請した」と説明した。

  トランプ大統領はこの日、この問題について記者団に、「聞いたばかりだ」と述べた後、「私は彼を長く知っており、彼がそうするとは思わない。彼は非常に真面目な人だ。従って、彼が航空機を利用し、その代価を支払うということだったかもしれない。それについて私は何も知らない。今聞いたばかりだ」と発言。ムニューシン長官を「全面的に信頼」しているし、同長官は「極めて高潔な人物」だと語った。

原題:Mnuchin Defends Honeymoon Jet Request as Trump Voices Support(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE