コンテンツにスキップする

邦銀3メガの窮状示す5つのチャート-日銀の長短金利操作から1年

  • 貸出残高は8年ぶり高水準でも利ざやの縮小止まらず
  • 3行の株価は6-9%下落、保守的な利益目標
Signage for Bank of Tokyo Mitsubishi UFJ, from top, Sumitomo Mitsui Banking Corp., Mizuho Bank Ltd., and Resona Bank Ltd.

Signage for Bank of Tokyo Mitsubishi UFJ, from top, Sumitomo Mitsui Banking Corp., Mizuho Bank Ltd., and Resona Bank Ltd.

Bloomberg
Signage for Bank of Tokyo Mitsubishi UFJ, from top, Sumitomo Mitsui Banking Corp., Mizuho Bank Ltd., and Resona Bank Ltd.
Bloomberg

日銀が2%の物価目標達成に向けて長短金利操作(イールドカーブコントロール)を導入してほぼ1年。銀行を取り巻く環境は厳しいままだ。

  昨年9月に導入した長短金利操作は、政策金利のマイナス圏への深掘りリスクを減らし、銀行の金利収入の落ち込み懸念を緩和する狙いもあった。しかし借り入れコストは記録的低水準にとどまっており、預貸金利差から利益を得るという銀行の本来業務を続けるのが難しくなっている。

  銀行が直面する窮状を5つのチャートで検証する。

1.利ざや

  銀行が貸出金利から得る収入と預金者に支払う利息の差である利ざやの縮小が止まらない。貸出金利が引き続き低下する一方で、預金金利は実質ゼロ水準に張り付いており、資金利ざやを圧縮している。

利ざや縮小

2.融資の伸び

  銀行貸し出しが伸びているのは明るい兆候だ。7月の貸し出し伸び率は前年比3.4%増となり、2009年4月以降で最も高い伸びとなった。金利が下がったことで個人にしても事業所にしても借りやすくなったということだろう。

銀行貸出

3.資金利益

  しかし、貸出残高が伸びても資金利益の落ち込みを補うのに十分ではない。3メガ銀行(三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ)の資金利益は過去3年間、いずれも減少の一途をたどっている。

資金利益が減少

4.企業価値

  国内銀行の利益率低下は、投資家が企業資産を計る目安でもある株価純資産倍率(PBR)の低下を招いた。3メガ銀行の株価は、今年6-9%下落した。

低評価

5.利益目標

  第1四半期の業績を見ると、MUFGと三井住友は年度利益目標を達成するペースにあるが、みずほは後れを取っている。みずほと三井住友の利益目標は前年度比減と保守的。MUFGは前年度比増を見込む。

利益目標への進ちょく率

原題:Japan’s Banks Still Suffer a Year After BOJ Salvages Yield Curve(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE