NY外為:ドル反落、ポンド全面高や地政学リスクの高まりで

更新日時
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

14日のニューヨーク外国為替市場ではドルが反落。地政学的な緊張の再燃や、ポンドに対し1%余りの大幅安となったことが響き、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は今週に入り初めて下げた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%低下。ポンドはドルに対し1.4%上げて1ポンド=1.3399ドル。ユーロはドルに対し0.3%高の1ユーロ=1.1919ドル。ドルは対円では0.2%下げて1ドル=110円24銭となった。

  ポンドが全面高となり、主要10通貨の中で最も高いパフォーマンスとなった。ポンドの上昇はこの日のドル指数の下落に大きく影響した。イングランド銀行(英中央銀行)は、金融緩和措置の一部解除が近く必要になる公算が大きいとの見解で金融政策委員会(MPC)メンバーの大半が一致したと発表した。

  朝方には8月の米消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったことを受けて年内の米利上げ確率が50%近くに急上昇し、ドル指数がそれまでの下げを埋める場面もあった。

  北朝鮮が核兵器を使用して日本列島を沈めるとの声明を発表したことや、同国が再び弾道ミサイルを発射する兆候を見せているとの報道も材料視される中、日中を通じて不安定な値動きとなった。

欧州時間の取引

  英中銀の政策判断の発表前には、スイス国立銀行(中央銀行)が市場関係者の注目を集めた。中銀は声明で、6月半ばに開かれた前回の政策決定会合での判断以降、スイス・フランの大幅な過大評価がある程度和らいだとし、フラン相場に関する文言を変更した。しかし、外為市場の状況は引き続き脆弱(ぜいじゃく)で、必要に応じ為替相場に介入する用意があると述べた。

  ユーロは対フランで一時1.15296フランと8月4日以来の高値をつけたが、その後は1.14787フランに下げた。

原題:Dollar’s 3-Day Winning Streak Broken as Pound Surges After BOE(抜粋)
USD Winning Streak Broken as GBP Surges After BOE: Inside G-10
(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE