香港と上海、シドニーの不動産価格はリスクはらんだ水準-S&P

アジアの不動産価格は危険な水準に達しており、特にシドニーと香港、上海のリスクが高い。S&Pグローバル・レーティングのアジア太平洋格付け責任者エレナ・オコロチェンコ氏が13日、こうした見方を示した。

  同氏はシンガポールでの会議で、「資産価格、特に不動産相場は現在、アジア危機の前と同じくらい伸び切っている」と指摘。家計債務の増大と組み合わせて考えると、シドニーと香港、上海の相場は高いように見えるとして、「そのリスクは注視するに値する」と述べた。

原題:Hong Kong, Sydney, Shanghai Property at Risky Level, S&P Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE