米アップルの株価が最新の「iPhone(アイフォーン)」発表後にどう動くのかを探るため、投資家が過去のデータに注目してもあまり手掛かりは得られないだろう。2007年の初代アイフォーン登場以来の株価動向を振り返ると、発表後数カ月で値下がりした回数と上昇した回数はほぼ同じ。アイフォーン「5」では60日で20%下落したのに対し、「6」では17%上昇しており、その差は最も顕著だ。アップル株は12日のイベントの後に一進一退の動きとなり、最高値まであと0.6%に迫る場面もあったが、その後は前日比1.7%安まで下げた。

The Apple Inc. iPhone X is displayed during an event at the Steve Jobs Theater in Cupertino, California, U.S., on Tuesday, Sept. 12, 2017.
The Apple Inc. iPhone X is displayed during an event at the Steve Jobs Theater in Cupertino, California, U.S., on Tuesday, Sept. 12, 2017.
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

原題:IPhone Hype Doesn’t Necessarily Provoke Apple Stock Gains: Chart (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE